MENU

CLOSE

脱毛サロンの脱毛方法は?IPL脱毛やSSC脱毛などいろいろ!

脱毛サロンの脱毛方法は?IPL脱毛やSSC脱毛などいろいろ!

141views

カテゴリ:未分類

痛みの少ない脱毛方法

img_dummy

脱毛サロンの多くで痛みの少ない脱毛方法を用意しています。痛みが苦手と言う方でも安心して施術が受けられます。部分的な脱毛は勿論の事、全身脱毛にも向いています。痛みの少ない脱毛方法にはいくつかの種類があり、特徴が異なります。

IPL脱毛

脱毛サロンの多くで導入しているのがIPL脱毛です。この脱毛方法ではインテンスパルスライトと言う光のエネルギーを照射しています。ムダ毛の毛根にあるメラニンに光のエネルギーを反応させ、毛根の再生力を弱くしています。レーザーよりも出力が低いため、痛みが少なくエステティシャンでも安全に照射する事が可能です。

ムダ毛には成長期、退行期、休止期を繰り返す毛周期があります。毛周期により古いムダ毛は抜け落ち、新しいムダ毛が生えてきます。成長期は毛根が活発に働きムダ毛を伸ばす期間、退行期はムダ毛が抜ける準備をする期間、休止期はムダ毛が抜け落ちる期間です。このうち毛根にメラニンが含まれるのは成長期のみとなります。

そのため毛周期の成長期に合わせて施術を受ける事が必要です。施術後は毛周期の休止期により、1週間から2週間ほどで自然にムダ毛が抜け落ちていきます。インテンスパルスライトは照射面積が広いため短時間で施術ができる、美肌効果まで期待できると言うメリットがあります。施術を受ける前に電気シェーバーなどでムダ毛を処理する事が必要です。

SSC脱毛

SSC脱毛では制毛効果のある成分フィニリーブ配合の専用ジェルを肌に塗り、その上からクリプトンライトを照射しています。専用ジェルの成分はトレジャービーンズと言う粒子の中に入っています。クリプトンライトを照射するとトレジャービーンズの膜が弾けてフィニリーブが毛穴の中に浸透し、毛根の再生力が弱くなります。

クリプトンライトによる反応で直接脱毛しているのではなく、フィニリーブと言う成分で制毛しているのがSSC脱毛です。光のエネルギーを照射するIPL脱毛よりも、SSC脱毛のほうがさらに痛みが少ないです。フィリニーブにはダイズイソフラボンとサリチル酸が含まれています。

ダイズイソフラボンには女性ホルモンと似たような働き、サリチル酸には男性ホルモンの分泌を抑える働きがあり、この2つの成分で制毛しています。その他にも美肌効果が期待できる植物由来の成分を配合しています。

ハイパースキン脱毛

ハイパースキン脱毛では特殊な光を照射し、ムダ毛の発毛を抑えています。毛周期の休止期が来ると新しいムダ毛を伸ばすための信号がバルジと言う領域に送られます。信号がバルジに送られると発毛因子が皮脂腺から毛乳頭へ降りていきます。

ハイパースキン脱毛ではムダ毛の毛根では無く、この発毛因子のみに反応させているため痛みが少なくなっています。火傷や色素沈着など肌トラブルも起こり難いと口コミでも話題です。特殊な光にはコラーゲンを活性化させる働きもあり、肌荒れに悩んでいる方にもピッタリです。

永久脱毛が期待できる脱毛方法

img_dummy

美容電気脱毛

痛みの少ない脱毛方法では永久脱毛までは期待できないです。施術を受けてもしばらくするとムダ毛がまた生えてきます。そんな時でも美容電気脱毛なら永久脱毛ができます。美容電気脱毛では極細のニードルを毛穴の中に差し込みし、微弱の電流を流しています。脱毛効果が高く施術後には毛根の再生力が殆ど失われます。

毛穴一つ一つ処理していくためにデザインし易いと言うメリットもあります。その代わりに照射面積が広いIPL脱毛と違い、施術に時間が掛かると言うデメリットがあります。その他にも電流を流す時の痛みが大きいため、痛みが苦手な方は注意が必要です。エステティシャンの技術力が高いと痛みが少なくなります。信頼性の高い資格を取得しているエステティシャンから施術を受けたいところです。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事