MENU

CLOSE

VIOラインはどんな格好や体勢で脱毛行われているの?

VIOラインはどんな格好や体勢で脱毛行われているの?

53views

カテゴリ:未分類

アンダーヘアの部位別の脱毛方法

img_dummy

Vライン施術時の格好や体勢について

施術を行う際の格好や求められる体勢については、各サロンごとに異なる点が多いです。全身脱毛時などは基本裸で、恥ずかしくないように全身をタオルケットで覆って施術を受ける部位だけ露出させて行うということがほとんどですが、その時にも特に気になるのはVIOラインのムダ毛処理だと考える女性は口コミの多さからも目立ちます。

大抵の場合は紙パンツに穿き替えて施術する部位が見えるように少しずつずらしていきながら行うというのが一般的な方法ですが、ガウンに着替えて下半身を全て露出するというサロンもあります。アンダーヘアの脱毛入門とも呼ばれているVラインに関しては、基本的に真っ直ぐな姿勢で上を向き、足を閉じたまま施術が行われますのであまり恥ずかしくないのが魅力です。

足の付け根から扇状に中心に向かってフラッシュを照射しながらムダ毛を脱毛していきますので、紙パンツの支給の有無に限らず性器が人目に晒されてしまうことはありません。

恥ずかしさが際立つIライン施術時の格好や体勢について

性器の周りの縦のラインを指すIラインは同性といえどもあまり積極的に見られたくない部位です。その点はほとんどのサロンで考慮されていますので、大抵の場合は布地の少ない紙パンツを穿いたまま必要な部位だけを出して施術していったり、パンツを穿いていなくても下半身にタオルを巻いて露出を最小限にしながら行うようにしています。体勢は、仰向けになって寝転がり、片足を曲げて外側に倒した状態です。

最も躊躇してしまうOライン施術時の格好や体勢について

人によっては全く生えていないというかたもいるOライン脱毛は、お尻の穴の周囲にあるムダ毛の施術を指すものです。そのためムダ毛が多いこと自体に羞恥心を覚えるかたが多く、施術が最も恥ずかしいと考えるかたが目立ちます。

体勢についてもうつ伏せになった状態でお尻の肉を持ち上げながら行うか、四つん這いで行うことが多いためそのことも恥ずかしさに拍車をかけています。タオルケットを捲くりながらかTバックをずらしながら少しずつ施術を行いますが、部位自体は狭い範囲ですので10分程度我慢をすればすぐに終わるのが救いです。

恥ずかしいのは最初だけ・慣れれば簡単なVIOライン脱毛

img_dummy

格好については事前に確認をしておくこと

VIOラインの脱毛を希望する女性は少なくありませんが、恥ずかしさに負けてなかなか施術に踏み切れないという声が多く聞かれます。しかし、自己処理をするには難しい部位ですし、効果が表れ始めれば見た目もよくなり衛生的になります。

施術に挑戦する場合には、事前にどういった格好で脱毛が行われるのかなどサロンに確認をしておくようにしてください。希望をすれば実際に使用する紙パンツなども見せてくれるはずですし、自前で準備ができるサロンであれば着用しやすいものを選んで少しでも羞恥を和らげることができます。

  • 紙パンツの至急の有無
  • 施術にかかる時間
  • 施術時の体勢
  • 使用器具の衛生管理の確認

この辺りはカウンセリング時に聞いておくのがおすすめです。

サロンスタッフは施術に慣れている

サロンスタッフは多くの女性のVIOラインを処理していますので、対応にも慣れています。実際施術を受けるまでは葛藤していても一度受けてしまえばどうってことはなかったという口コミが多いですし、それよりも施術の効果が表れ始めてからの喜びの声のほうが目立つくらいです。

  • 蒸れにくくなり快適になった
  • 気になるニオイが減った
  • 生理時に経血がムダ毛につかなくなった

VIOラインの脱毛で得られるメリットは少なくありません。勇気を出して施術をしてみることをおすすめします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事